トップページへ

マンション購入ガイド
マンション購入手順

物件探し〜申込み

契  約
決裁・引渡
登  記


資金計画
取得費用
維持費用
住宅ローン
住宅ローン手続


媒介制度


購入ガイドインデックス

マンション購入ガイド

資 金 計 画

維 持 費 用

1.維持管理費用

 マンション購入後は、まずマンションのかんりや維持に必要な費用がかかります。各マンションでは、管理費や修繕積立金として費用を徴収してこれにあてています。

 また、不動産所有税として、固定資産税と都市計画税がかかります。

 

購入後に必要な費用

2.管理費・修繕積立金

 管理費・修繕積立金については、「マンション管理ガイド」で触れますが、マンション管理組合の規約として必ずある筈ですから、確認してください。

 参考 マンション管理ガイド「管理費」

    マンション管理ガイド「修繕」 

 

管理費・修繕積立金

3.税金

 年に1回役所から税金の通知が送られてきます。内容は固定資産税と都市計画税です。

 

説  明
頻  度

固定資産税

固定資産税評価額の1.4%

(住宅用土地に対する軽減措置、新築建物に対する軽減措置があります。)

毎年

価格の見直しは3年荷一度、公示価格の70%が目安

都市計画税

固定資産税評価額の0.3%

(住宅用土地に対する軽減措置があります)。

毎年

 

 

固定資産税

都市計画税

4.税金試算

 前段で購入したマンションの場合の税額を試算してみました。

(1)課税標準額

 精勤は、課税標準額という基準で課税されます。この例では課税標準額を2,200万円としました。

(マンションの課税標準額については、おおよそ

 課税標準=公示価格*70%、公示価格=実勢価格*90%、

すなわち固定資産税の課税標準は、実勢価格の60%程度とみられます。)

 また、固定資産税の軽減措置は次のとおりです。

 評価額*1/6*1.4%(1戸あたり200Fまでの住宅用地)

項 目
計  算
税  額
固定資産税

2,200万円*1/6*0.014

51,000円

都市計画税

2,200万円*0.003

66,000円

 

  *固定資産税の特例軽減措置

 課税標準額を2、200万円として(維持費用「試算」参照)、土地建物それぞれ50%とします。

項目
計 算 式
税 額
計   算

土地

((評価額*1/2*4%)*3/4)ー控除額

12万円

((1,100万円*1/2*4%)*3/4)ー45,000

建物

(評価額ー控除額)*3%

(1,100万円ー1,200万円)*3%

試算

課税標準額

5.住宅ローン特別控除

 これは、税金の支払ではなくて還付についての話です。

 住宅ローンを借りて自宅を購入した場合、いわゆる年末調整で所得税について控除があります。これは結構大きな金額ですからわすれないようにしましょう。

(1)条件

 専有面積が50〜240Fで築年数が15年未満のもの

(2)住宅ローン控除金額

借入金残高

1,000万円以下
1,000〜2,000万円
2,000〜3,000万円
当初2年間
2%
1%
0.5%
3〜6年
1%
1%
0.5%

 例えば、初年度の借入金残高が2,000万円の場合、控除金額は、

 1,000万円*0.02+ 1,000万円*0.01 = 30万円

この30万円はそっくり所得税から控除されることになります。

 

住宅ローン特別控除